2015年1月31日

個人が投資として外国為替の取引をするのは利益を出す為です。
貿易会社が決済のための資金調達用として外国為替の取引をするのとは全く目的も性質も異なります。

外国為替の取引で確実に利益を出す為には外国為替のリアルタイムの変動に後手後手に対応していては安定的な利益を確保することは不可能です。
金融市場には多数の投機筋のプロがいます。
外国為替の取引をする外国為替市場も例外ではありません。
ある程度先を読んで様々な思惑から外国為替の相場が動いてゆきます。
外国為替に限らず金融市場には常に潮の流れが存在します。
その上に小さな小波が浮き沈みしていると言うイメージです。
小さな小波に一々反応していたら大きな利益を確保できないどころか大きな損出を出すリスクも増大します。
しっかり為替取引の市場の潮の流れ、トレンドを掴むために自分なりのプランを持つことが何よりも大切です。

プランや戦略構築する時の手法としてはファンダメンタルズ分析とチャートを用いたテクニカル分析があります。
ファンダメンタルズは世界経済の実体経済や各国政府の金融財政政策を分析し為替取引の動向を見極める手法です。
一方、テクニカル分析はこれまで多くの投資家の経験則の蓄積によって得られたチャートの変動パターンから為替取引の動向を掴み売買のタイミングのプランを作ってゆく手法です。
経済学をマスターしておらず、また時間の余裕のないサラリーマンなどの初心者はプロの経験則であるチャートの分析によるテクニカル分析から入門するのが良いのではないでしょうか。

Post tags:

2015年1月21日

低金利・インフレの時代がやってくると予想されています。
実際、政府もそのようにアナウンスしています。
そんな時代に資産運用としてFX(外国為替証拠金取引)を始めたいと考えている投資の初心者が多いのではないでしょうか。

一般の初心者の人にとってFXが魅力的なのは24時間取引が可能だからでしょう。
午前中から午後にかけては日本の市場が、夕方から深夜にかけてはヨーロッパの市場が、深夜から早朝にかけてはアメリカの市場が開いており24時間どこかの市場で取引ができます。
サラリーマンや昼間仕事を持っている人にとってはとても利用しやすい投資手法であるといえます。

もう一つ初心者にFXが資産運用の手段として人気があるのは少額で大きな資金運用をすることが可能だからだと思われます。
少額の証拠金で口座を開くだけでその何倍もの資金を運用し資金を膨らませて行くことが可能だからです。
これは庶民の初心者の資産運用の方法としてはとても魅力的です。
それからFXが複雑な世界経済についての知識が無くともチャート分析等で適切な売買が分析しやすく初心者でも始めやすいという点も見逃せません。

初心者の資産運用として最適なFXに興味がある方はこちら「トラリピFX.com」からはじめてみたらいかがでしょうか。

Post tags: