2015年3月1日

少子高齢化の人口動態、社会保障の持続的膨張、未曽有の財政赤字。既に日本は公的・厚生・共済年金だけで豊かな老後生活を送れる国で無くなったことは周知の事実です。
特に若い世代の人は早めに老後・住宅・教育資金の為に個人の責任で資産形成を行うことが必須になっています。

とはいえ金融経済関連以外の仕事を持つ個人が複雑怪奇な金融市場や金融商品の仕組みを理解するのは至難の業です。
金融に限らず投資を行う場合分散投資を行うことが最も堅実な方法であることは金融理論の基礎、常識です。
しかし、庶民の一個人が分散投資を行えるだけの基礎となる資金を集めることは不可能です。
そこで多数の個人投資家が比較的少額の資金を拠出しファンドを作りプロの投資機関にそのファンドの運用を信託するのが投資信託です。
証券会社や一部銀行が募集する投資信託にも複数の種類が存在します。
比較的リスクの少ない公社債投資信託、そして多少リスクが大きめの株式投資信託です。
さらに公社債投資信託と株式投資信託それぞれにユニット型とオープン型が存在します。
投資信託もハイリスク・ハイリターンです。

投資信託は証券会社や銀行を経由して多数の運用会社によって運用されています。
ネット上にも投資信託の商品名ごとにリターンのランキングが掲載されたサイトが多数存在します。
投資信託もハイリスク・ハイリターンですからリターンのランキングだけで投資信託の商品をセレクトするのは危険です。
投資信託商品の商品構成も調べリスクとリターンを考慮し自分の人生設計に会った投資信託商品を選択するのが投資信託で資産形成を始めようとする人の基礎的なエントリー方法だと思われます。

Post tags:

2015年2月20日

投資家が金融で資産運用をした場合2種類の利益が得られる可能性があります。
一つはキャピタルゲインであり、もう一つはインカムゲインです。

キャピタルゲインと言うのは投資家が資産運用した際、その金融商品自体の価格が上昇し、その売買の差額から得られる利益あるいは所得のことです。
インカムゲインと言うのは資産を運用するにあたって金融市場で資産を保有していたことから発生する利息や配当から得られる利益あるいは所得のことです。
つまり利子所得のことです。
外貨預金で例えるなら為替レートの変動によって預金した時に預けた円の額より再び円に戻して受け取った額の差額がキャピタルゲインで、外国通貨を発行する国の金利と自国通貨の金利の差額の預金期間の日数分がインカムゲインです。

金融資産で資産運用をする場合、その目的はキャピタルゲインとインカムゲインの二つの利益を確保することであることはいうまでもありません。
キャピタルゲインを重視して金融取引をするとどうしても投機的な取引になる傾向があり元本割れなどのリスクが増大します。
インカムゲインを重視した金融の取引の場合は比較的長期的保有となるので堅実にインカムゲインを得られる可能性が増えます。
金融商品で資産形成する時はキャピタルゲインとインカムゲインのバランスをうまく採ることが確実な資産形成につながります。

Post tags:

2015年2月15日

人口減少社会の日本、十分な移民政策等を採用しなければ当然今後内需の傾向的な減少が続くことは間違いありません。
国内に投資対象が見当たらず、さらに多額の政府赤字を考慮すれば今後も相当長期にわたり日本の低金利は継続して行くでしょう。
これからは年金だけで老後を豊かに暮らすことはできないということは周知の事実です。
では「どのように自分の金融資産を増やしてゆけば良いのか?」、そういう疑問を持っている人が多いのではないでしょうか。

確かに日本は少子高齢化の人口減少社会で成長の見込みはほとんどなく高い利回りの金融商品やその他投資用資産を見つけ出すことは不可能に近いでしょう。
しかし、お金には国境はありません。
先進国は日本ほどではないにしろ何れの国も少子高齢化問題を抱え低金利政策を維持しています。
しかし新興国は急速な経済成長によって受給が逼迫し高いインフレ傾向にあり先進諸国に比べ高い政策金利を設定している国がほとんどです。

海外の通貨で資産形成をする場合考えられる手法は2つ、FXと外貨預金です。
それぞれにメリットデメリットがあります。
FXの場合、為替変動リスクを伴います。
また為替相場は1日24時間刻一刻と変化するので頻繁にマーケットの状況をチェックする必要があります。
これに対して外貨預金は金利が短期に乱高下することもなく頻繁に市場動向をチェックする必要もありません。
手数料も為替手数料以外かからないのもメリットの一つです。
時間に余裕の無い人には外貨預金の方が大きなメリットがあることは確かでしょう。

Post tags:

2015年1月31日

個人が投資として外国為替の取引をするのは利益を出す為です。
貿易会社が決済のための資金調達用として外国為替の取引をするのとは全く目的も性質も異なります。

外国為替の取引で確実に利益を出す為には外国為替のリアルタイムの変動に後手後手に対応していては安定的な利益を確保することは不可能です。
金融市場には多数の投機筋のプロがいます。
外国為替の取引をする外国為替市場も例外ではありません。
ある程度先を読んで様々な思惑から外国為替の相場が動いてゆきます。
外国為替に限らず金融市場には常に潮の流れが存在します。
その上に小さな小波が浮き沈みしていると言うイメージです。
小さな小波に一々反応していたら大きな利益を確保できないどころか大きな損出を出すリスクも増大します。
しっかり為替取引の市場の潮の流れ、トレンドを掴むために自分なりのプランを持つことが何よりも大切です。

プランや戦略構築する時の手法としてはファンダメンタルズ分析とチャートを用いたテクニカル分析があります。
ファンダメンタルズは世界経済の実体経済や各国政府の金融財政政策を分析し為替取引の動向を見極める手法です。
一方、テクニカル分析はこれまで多くの投資家の経験則の蓄積によって得られたチャートの変動パターンから為替取引の動向を掴み売買のタイミングのプランを作ってゆく手法です。
経済学をマスターしておらず、また時間の余裕のないサラリーマンなどの初心者はプロの経験則であるチャートの分析によるテクニカル分析から入門するのが良いのではないでしょうか。

Post tags:

2015年1月21日

低金利・インフレの時代がやってくると予想されています。
実際、政府もそのようにアナウンスしています。
そんな時代に資産運用としてFX(外国為替証拠金取引)を始めたいと考えている投資の初心者が多いのではないでしょうか。

一般の初心者の人にとってFXが魅力的なのは24時間取引が可能だからでしょう。
午前中から午後にかけては日本の市場が、夕方から深夜にかけてはヨーロッパの市場が、深夜から早朝にかけてはアメリカの市場が開いており24時間どこかの市場で取引ができます。
サラリーマンや昼間仕事を持っている人にとってはとても利用しやすい投資手法であるといえます。

もう一つ初心者にFXが資産運用の手段として人気があるのは少額で大きな資金運用をすることが可能だからだと思われます。
少額の証拠金で口座を開くだけでその何倍もの資金を運用し資金を膨らませて行くことが可能だからです。
これは庶民の初心者の資産運用の方法としてはとても魅力的です。
それからFXが複雑な世界経済についての知識が無くともチャート分析等で適切な売買が分析しやすく初心者でも始めやすいという点も見逃せません。

初心者の資産運用として最適なFXに興味がある方はこちら「トラリピFX.com」からはじめてみたらいかがでしょうか。

Post tags: